PAGETOP
HOME認定医制度 ≫ 認定医更新について
最終更新日 : 22/02/15

認定医制度

H. pylori(ピロリ菌)感染症認定医資格 更新手続きについて

H. pylori(ピロリ菌)感染症認定医の資格は5年ごとに更新するよう「H. pylori(ピロリ菌)感染症認定医」制度規定第13条に定められております。更新要件は、同規定第15条に規定されている通りですので、必要な証明書類(参加証のコピーや領収書のコピー等)をご自身で保管していただき、更新のご準備を行って下さい。

更新要件

日本ヘリコバクター学会「H. pylori(ピロリ菌)感染症認定医」制度規定 第15条
認定医更新の要件は下記のとおりとする。

  1. 継続して学会の会員であること。
  2. 認定医取得後ならびに更新後5年間に、学術集会1回以上かつ教育講演会1回以上に参加した者。ただし、同時開催の学術集会と教育講演会への参加は1回分として数える。
    なお、認定更新時所定の年齢(65歳以上)を超える者については更新後5年間に、学術集会1回以上あるいは教育講演会1回以上の参加で更新ができるものとする。
  3. 認定医取得後ならびに更新後5年間に、30例以上の除菌成功症例のレジストリー報告を教育講演会出席1回とみなす。

申請書類

更新手続き期間

認定医を11月に取得された先生は認定期限年の7月~8月に、4月に取得された先生は認定期限前年の12月~翌年1月に更新書類を受付致します。更新手続き期間外の受付はいたしませんので、ご注意下さい。

H. pylori 感染症認定医資格証の認定期限が2022(平成34)年10月31日と記載されている方は、2022年7月1日~8月31日に更新書類をご提出ください。更新書類は、更新申請書および学術集会・教育講演会参加記録(参加証明のコピー貼付)の2枚です。
2022年度に更新の手続きが必要な先生方には、2022年5月に学会に登録されている送付先住所宛てに更新案内のはがきを発送しますのでご確認ください。

更新申請書の送付先:

日本ヘリコバクター学会事務局
〒170-0003 東京都豊島区駒込1-43-9 駒込TSビル
(一財)口腔保健協会内
TEL:03-3947-8891


健康な胃をとりもどそう|大塚製薬