PAGETOP
HOME学会誌 ≫ 学会誌について
最終更新日 : 17/01/13

学会誌について

バックナンバーは1冊2,000円(送料別)、Supplement 除菌適応拡大号は1冊500円(送料別)で販売しております。
詳しくは下記をご覧ください。

また、引用・転載をご希望の場合はこちらをご覧ください

H. pylori感染の診断と治療のガイドライン2016改訂版について(2016年8月1日発行)

日本ヘリコバクター学会では、「H. pylori感染の診断と治療のガイドライン2016改訂版」(2016年8月1日発行)を刊行しています。
下記の先端医学社のホームページからご購入できます。

※無断転載を禁じます。転載許諾についてはこちらから

さてこの度、日本ヘリコバクター学会では、『H. pylori感染の診断と治療のガイドライン2016改訂版』を発行いたしました。今回の改定版は、2013年に、H. pylori感染胃炎への除菌治療が保険適用に拡大され、H. pylori菌を撲滅して胃癌予防に結びつける基盤が整い、7年ぶりのガイドライン改訂になりました。新たなエビデンスに基づいて適応、診断、治療について改訂を行い、提言として胃癌予防の項目が加わっております。
臨床の場、教育の場において、お役立てください。

H. pylori感染の診断と治療のガイドライン2016改訂版

H. pylori感染の診断と治療のガイドライン2016改訂版

日本ヘリコバクター学会ガイドライン作成委員会/編
A4版 68ページ
1冊 1,500円+税

【内容の紹介】

Ⅰ 適応 H. pylori除菌療法適応疾患
A. H. pylori除菌が強く勧められる疾患
B. H. pylori感染との関連が推測されている疾患
Ⅱ 診断法 A. 総論
B. 各診断法
C. 診断の補助
Ⅲ 治療
提言 胃癌予防 A. 総論
B. 青少年期
C. 胃癌低リスク期(50歳未満の成人)
D. 胃癌高リスク期(50歳以上)

学会誌訂正のお知らせ

「日本ヘリコバクター学会誌Vol.17 No.2」におきまして下記誤りがございました。訂正してお詫び申し上げます。

学会誌編集委員会 谷中昭典 先生
P.88

【正】
筑波大学附属病院 日立社会連携教育研究センター

【誤】
日立総合病院内筑波大学附属病院 日立社会連携教育研究センター

代議員、学会誌編集委員会、生涯教育委員会 溝上裕士 先生
P.87~89

【正】
筑波大学附属病院 光学医療診療部

【誤】
筑波大学臨床医学部 光学医療診療部


慢性胃炎のピロリ菌除菌適用拡大増刊号について(2013年4月18日発行)

「慢性胃炎のピロリ菌除菌適用拡大増刊号について」はダウンロードしてご覧いただけるようになりました。

※無断転載を禁じます。転載許諾についてはこちらから

※誠に申し訳御座いません。現在、「Supplement 除菌適応拡大号について」の冊子は在庫切れとなっております。

2013年2月の除菌保険適用拡大を受けて、慢性胃炎のピロリ除菌治療に関するガイドブックを作成しました。
内容は以下の通りで、専門医以外の方にも理解しやすい内容となっております。

2013年4月18日 Supplement

日本ヘリコバクター学会誌Supplement
ヘリコバクター・ピロリ菌感染胃炎の診断と治療

日本ヘリコバクター学会編集委員会/編
A4版 全47ページ(表紙含む)
1冊 500円(送料別)

【目次】

巻頭言福田 能啓 先生
経緯上村 直実 先生
意義・目的榊 信廣 先生
対象下山 克 先生 ・ 菅野 健太郎 先生
診断:慢性胃炎について鎌田 智有 先生 ・ 春間 賢 先生
診断:H. pylori感染について井本 一郎 先生 ・ 高橋 信一 先生
除菌法古田 隆久 先生 ・ 村上 和成 先生
フォローアップ法 中島 滋美 先生 ・ 加藤 元嗣 先生

※日本ヘリコバクター学会誌 supplement 『ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎の診断と治療』24ページ 右段 上から5行目におきまして誤りがありました。訂正してお詫び申し上げます。

【 誤 】 「ピロリテック(三共)」

【 正 】 「ピロリテック(エーディア)」


H. pylori感染の診断と治療のガイドライン2009改訂版について(2009年3月15日発行)

日本ヘリコバクター学会では、「Helicobacter pylori 感染の診断と治療のガイドライン」(2009年3月15日発行)を刊行しています。
2009年度改訂版をダウンロードしてご覧いただけます。

※無断転載を禁じます。転載許諾についてはこちらから

日本ヘリコバクター学会誌 Vol.10 Supplement
Helicobacter pylori 感染の診断と治療のガイドライン 2009 改訂版

1冊 0円(送料別)

誌面での購入をご希望の方は、申込フォームからお申込みください。
または、下記(1)~(6)を明記の上、学会事務局までE-mailまたはFAXにてお申し込みください。

購入申込フォームはこちらから
(1) 郵便番号/住所 (2) 氏名 (3) 電話番号/FAX番号
(4) E-mailアドレス (5) 購入部数 (6) 請求書に記載する名義

※「Helicobacter pylori 感染の診断と治療のガイドライン2009改訂版」5ページ目文献1)におきまして誤りがありました。訂正してお詫び申し上げます。

【 誤 】
文献
1) Hentschel E, Brandstatter G, Dragosics B, et al. Effect of ranitidine and amoxicillin plus metronidazole on the eradication of Helicobacter pylori and the recurrence of duodenal ulcer. Gastroenterology 1997; 113: 1082-1086.

【 正 】
文献
1) Hentschel E, Brandstatter G, Dragosics B, et al. Effect of ranitidine and amoxicillin plus metronidazole on the eradication of Helicobacter pylori and the recurrence of duodenal ulcer. N Engl J Med 1993:328:308-312.


健康な胃をとりもどそう|大塚製薬

アストラゼネカ医療関係者向け情報サイト

第一三共株式会社

武田薬品工業株式会社